corporate

(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントの協力により、関連アーティストの限定フレグランスを制作しました。

(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントの協力により、2019年12月に関連アーティストの物販アイテムとして限定フレグランス販売のPoCを実施します。

個人や企業に最適な香りを提供する(株)コードミー(本社:横浜市西区 代表取締役社長:太田賢司)は、総合エンタテインメントカンパニーとして多角的に事業を展開する(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントの協力を受け、2019年12月に関連アーティストの物販アイテムとして限定フレグランスの制作を担当し、ライブ会場での同フレグランス販売のPoCを実施します。

音楽コンサートを中心としたライブ・エンタテインメント市場が盛り上がりを見せる昨今、(株)コードミーは記憶と感情に直接働きかける「香り」の魅力にいち早く着目し、シンガーソングライターやクラシックアーティストと共に、アーティストや楽曲をコンセプトに制作したフレグランスによるライブ空間のデザインや同フレグランスの物販に取り組んできました。これまでのライブイベントで香りを体験した来場者からは、「大好きな人や曲の香りがあるのは素敵」「これでいつでもライブでの感動の記憶を思い出せる」といった嬉しい言葉が、会社へのダイレクトメッセージや個々のSNSからの発信を中心に届けられてきました。また、音楽コンサートにおける新たな物販アイテムとしても、順調に売り上げを伸ばしてきました。

今回の2019年12月でのライブ会場におけるPoCは、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントの協力により、同社関連アーティストをコンセプトに(株)コードミーが制作した限定フレグランスを新たなファン向け物販アイテムとして追加し、ライブ会場における同フレグランスの販売を、これまで以上にスケールアップして展開するものです。

(株)コードミーは、フレグランスの開発経験が豊富な同社代表の太田が、「香りとITでワクワクする世界を創造する」というビジョンを掲げ、2019年度に開催されたB Dash Camp、Infinity Ventures Summitなどのスタートアップ、テクノロジーイベントで新サービスを発表する登壇の機会を通じて、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントの新規事業担当グループと出会い、今回の取り組みに至りました。

(株)コードミーは今後、音楽コンサートを中心としたライブ・エンタテインメント業界において、香りの可能性を更に広げる体験型コンテンツや新たな物販アイテムの制作へと活動範囲を広げていきます。(株)コードミーが継続して「エンタメ領域 x 香り」で挑戦したいのは、商品単体での販売では無く、「記憶と感情を永久保存する香り」を通じた「感動体験の伝播」です。
アーティストや楽曲に紐付く特別なフレグランスを、独創的な香りの開発力を武器に継続的に制作し、ライブイベントに参加されるファンの皆さまに「忘れられない」エモーショナルな体験を提供していきます。

(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントの協力により、2019年12月に関連アーティストの物販アイテムとして限定フレグランス販売のPoCを実施。