堺 アルフォンス・ミュシャ館

/空間デザインイベント

個⼈や企業にデータにもとづく最適な⾹りを提供する株式会社コードミー(本社:横浜市⻄区、代表取締役社⻑:太⽥賢司、以下「コードミー」)は、 堺 アルフォンス・ミュシャ館で令和5年4⽉8⽇(⼟)〜 令和5年7⽉30⽇(⽇)に開催される 企画展「おいしいミュシャ 5感であじわうアール・ヌーヴォー」において、本企画展限定のスペシャルフレグランスを創⾹し、 「ミュシャの絵」x「⾹り」の新たな鑑賞体験の演出を担当いたします。

⾹りの体験イメージ画像 No.1

堺 アルフォンス・ミュシャ館の設置イメージ1

コードミーは、「忘れられない」を⾹りでデザインする「ブランディング・フレグランス®」の事業において、 これまで多くの⾳楽アーティストと共に「⾳楽」x「⾹り」をテーマにしたイベント演出や、 映画の完成披露試写会における「映像」x「⾹り」の体験プロデュースを通じて、 ⼈の記憶と感情に訴えかける「忘れられない」体験を演出してきました。

この度、アート作品を有する美術館との初めてのコラボレーションとして、 堺 アルフォンス・ミュシャ館で令和5年4⽉8⽇(⼟)〜 令和5年7⽉30⽇(⽇)に開催される 企画展「おいしいミュシャ 5感であじわうアール・ヌーヴォー」をコンセプトに、 本展⽰会限定のスペシャルフレグランスを創⾹します。5感の中でも「ミュシャの絵」x「⾹り」をテーマに、 来館者の記憶と感情に訴えかける「忘れられない」鑑賞体験を創出します。

⾹りの体験イメージ画像 No.2

堺 アルフォンス・ミュシャ館の設置イメージ2

【企画展の概要について】

堺 アルフォンス・ミュシャ館では、企画展「おいしいミュシャ 5感であじわうアール・ヌーヴォー」を開催します。 ミュシャが描いたシャンパンやビスケット、フランス料理をはじめとする「味覚」にまつわる ポスター・メニュー・パッケージなどのデザインを⼀挙公開します。 さらに、観る者の感覚を呼び覚ます数々の絵を、⾹りや⾳楽など、感じてあじわう体験を交えながら、5つの感覚ごとに紹介します。 19世紀末パリでミュシャが腕をふるった美の数々を“5感”を使って堪能できる、新しい形のミュシャ展です。

展覧会名:おいしいミュシャ 5 感であじわうアール・ヌーヴォー 会期:令和5年4⽉8⽇(⼟)〜 令和5年7⽉30⽇(⽇) 場所:堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市⽴⽂化館) (堺市堺区⽥出井町 1-2-200 ベルマージュ堺弐番館)最寄駅:JR 阪和線堺市駅 主催:公益財団法⼈堺市⽂化振興財団/堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市⽴⽂化館)

おいしいミュシャ 5感であじわうアール・ヌーヴォー https://mucha.sakai-bunshin.com/event/mucha2023ex1/

「おいしいミュシャ×スペシャルフレグランス」の詳細について https://mucha.sakai-bunshin.com/event/mucha2023_ex1_codemeee/

【アルフォンス・ミュシャについて】

19 世紀末のパリで⼀躍⼈気のポスター作家として才能を開花させたアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、 芸術様式アール・ヌーヴォーを代表する画家として広く知られています。ミュシャのポスター作家としての成功は、 稀代の⼥優サラ・ベルナール(1844-1923)との出会いにより、 彼の名がパリ中に広まったことがきっかけです。 1900年のパリ万国博覧会への出展を経て、後年には祖国チェコへの芸術的貢献を願い、⼤連作《スラヴ叙事詩》をはじめ、 チェコの独⽴と平和を願った油彩画などを制作しました。