フジクライノベーションハブ「BRIDGE」

/空間デザイン

香りでオープンイノベーションを加速 フジクライノベーションハブ「BRIDGE」でコードミーと共に実証実験開始

様々な新規事業立ち上げやオープンイノベーションの実現に向けては、ひとりの知識や技術だけではなく、異なる価値観を持つ人との共創が重視されます。互いの考えに耳を傾け同じベクトルで向かう動力となる他者への共感や興味が、コミュニケーションや積極的なディスカッションを促し事業立ち上げを加速させるという仮説のもと、香りの可能性に着目し実証実験を行います。コードミーが昨年に実施した、会社の香りブランディングによるスタッフと来場者に対するテストマーケティングでは、受付にディフューザーを設置し、エントランス空間に香りを噴霧することで、「同じ香りのストーリーを共有すると仲間意識が高まる」、「良いコミュニケーションにつながる」、「リラックスして仕事ができる」などの声が挙げられています。

BRIDGEのオフィス空間の写真

今回道入に至ったアロマは、柑橘系と森林系の国産天然精油をベースに、コードミー独自のデータや知見に基づき調香したオリジナルアロマです。脳波測定による香りを嗅いだ人の興味や関心の向上が期待される波形の観測結果や、香りの嗜好性も加味して創香されており、オフィス空間での自由な発想を促しビジネス共創につながる大きな効果が期待されています。